名古屋栄のスポーツサングラス・メガネ専門店グラスヒュッテ
Glas Hutte

グラスヒュッテの日常

ボーイズリーグでOAKLEYの着用が可能に!

こんにちは!
グラスヒュッテ栄店のヒガシです。

当店のショーウィンドウが5月より
シカゴ・カブスの鈴木誠也選手に変更👀

かけているサングラスはOAKLEYの
新作モデル『SPHAERA/スフィエラ』
のPrizm 24K Pola
遠くからでもかっこよさが目立つ
ポスターとなっております。☺️

さてそんな本日ブログでご紹介しようかなと
思うのが、タイトルにある通り
ボーイズリーグでのサングラス着用で
OAKLEYが正式に認定された!という件。

そもそもボーイズリーグとは?
正式名『公益財団法人 日本少年野球連盟』
⚫︎硬式野球を愛好する少年に正しい野球の
あり方を指導し、野球を通じて心身の錬磨と
スポーツマンシップを理解させることに努め、
規律を重んじる明朗な社会人としての
基礎を養成し、次代を担う少年の
健全育成を図ることを目的としています。
(公式サイトより)

小学生、中学生の野球クラブチームが
集った団体の一つです。

連盟が開催する大会においての
用具に関しての明確なルールが
ありこれまでの正式条件では
サングラスの着用はパートナー企業の
商品限定でOAKLEYはその枠に
入っていませんでした。
しかし今年の5月9日にボーイズリーグの
公式より用具規定の更新が発表され
念願のOAKLEYが『正式』に
着用を認められる事になりました🎉

その為2024年5月9日の更新された
最新の規定では、

11.サングラス 目的:競技道具と位置づけ、
競技(屋外スポーツ)における
眼球への紫外線の影響及び事故(怪我)を
予防することを目的とする。

条件:パートナー企業の製品で連盟が認めた物(*)
レンズへの衝撃(ボール、バットなどの直撃)が
あった場合、 破損がない事(破損時,眼球に
破片等で影響を及ぼさない事)

仕様:レンズ色-グレイ系統
(眼球が確認できる事、カラーレンズは認めない)
可視光線透過率-20%以上。 紫外線-99%カット。
フレーム 1 色としブラック・グレイ・
ネイビー・ホワイト(投手は不可)とする。

メーカーのロゴは上記同色系統が望ましい。
また、体の枠内に収まるものとする。

以上を基本とし試合前に道具審査を受ける事。
(*)パートナー企業より資料を提出していただき連盟が
確認します。
参考: 5 月 9 日現在、
上記条件を満たす事を確認できたのは
オークリー製品のみ
です。

(ボーイズリーグの用具について より抜粋)

という文言が追加されました!
全文➡︎https://x.gd/rPxVx

と言うことでその条件に当てはまる
OAKLEYのサングラスはどうな感じの
ものになるのか?

❶レンズカラー

❷使用可能/推奨商品
既製モデル

カスタムモデル(OCE)

カスタムモデルに関しては
他のモデルもOCEは作成可能。
※毎日選択出来る色が変動する為、
常に確認が必要です。

少し長くなりましたが、
今回OAKLEYが正式に認められたのは
単なるファッショングラスではなく、
『お子様の目を守る事』が第一条件に
なっているからではないかと思います。

OAKLEYのレンズは耐衝撃性能に優れ
あらゆるアスリートが視認性を上げる為、
もしくは目を守る為に着用しています。

快適なプレーをサポートする
OAKLEYのアイウェア、店頭に全種が
在庫しているわけではありませんが
該当の商品と同じモデル、色違いは
在庫していますので着用してみる事は
出来ます。
また純正レンズでの度付きも
使っている素材は同じです。
(度数範囲が超える場合は同じく
耐衝撃性能に特化したレンズメーカーで
ご対応致します。)

是非ご検討くださいませ!

【関連記事】

電話フォーム オンラインショップ
PAGE TOP