メインイメージ2

2020-01-30

射撃用メガネ(エアピストル用)

射撃用メガネ(エアピストル用)

 

今回は、エアピストル用のメガネの作成依頼を

高校生のY様より頂きましたので、ご紹介します。

 

 

まず、お電話にて

Y様のお父様

「射撃用眼鏡のチャンピオン・オリンピックフレーム

 度数を入れることはできますか?」

 

ヤギ店長

「?????。え?もう一度、フレーム名をお願いします。」

 

Y様のお父様

「エアピストル用の眼鏡なんですけど」

 

ヤギ店長

「はぁ、射撃用ということなら専門のスタッフがいるので、

 対応させていただきます。」

 

発端はこのような感じでした。

 

これまで、自衛隊様の保護グラスから

サバゲーマーのシューティングゴーグル、

APSの射撃用のサングラスをいくつも作成してきましたが、

チャンピオン・オリンピックフレームという名前は

初めて聞いたので、内心どういったものなのか

想像できませんでした。

 

 

その後、Y様がわざわざ岐阜からご家族と一緒に

ご来店頂きました。

 

Y様「先ほど電話したものですけど」

 

ちょんまえ「あ、射撃用の眼鏡ですね」

 

Y様「あ!ブログに載っているちょんまえさんですね」

 

ちょんまえ「(照)。私が専門スタッフのちょんまえです」

 

という恥ずかしいスタートから話を進めていき、

いざ、チャンピオン・オリンピックフレームとの初対面です。

(あ、こういう構造のことなのね)

 

と、いうことでこのチャンピオン・オリンピックフレームに

度数を入れることになりました。

 

 

まずはじめに、

このチャンピオン・オリンピックフレームについて

当店では取り扱いはないため

眼鏡屋目線で説明させていただきます。

 

目が悪い(視力矯正が必要)方のための射撃用フレームで

片眼に度を入れて、もう片方は遮眼(目を隠す)ことで、

遠方の動かないターゲットと手元の銃の照準(サイト)を

合わせることが出来ます。

 

そして、チャンピオン・オリンピックフレームの凄いところは

度付きを入れる枠(写真だと右眼)を回転することができ、

正体(正確には眼が正面で見ている時)でも

斜体(眼が斜めで見ている時)でも

顔(眼)に対してレンズを真正面で使うことができ、

適切な距離を保持できます

 

実はレンズを斜めにした場合には、大なり小なり歪みが

生じてしまいます。

よくメガネを斜めに掛けると見え方が変わるのは、

実際には通常の状態に対して度数が変化してしまうからです。

 

そして、もう片方は遮眼(カバー)するためのもので、

片方の目をつぶってしまうと顔に余計な力が入ってしまい、

サイティングしたときにサイトがブレてしまいます。

そのため、両眼を開けた状態のまま片眼を

カバーできる仕組みになっています。

 

もちろん、お人によって顔の大きさや耳までの距離、

傾角や一番重要な片眼PD(目幅)が異りますが、

全てにおいて調整が可能なフレームなのが

このチャンピオン・オリンピックフレームです。

 

 

ここからが度数処方になります。

まずは、ターゲットまでの距離が何メートルかを聞き出して

その位置に目印を置きました。(ターゲットまで10m)

丁度、店内の対角線が10mで、遠くに目印を置きました。

遠くに見えるあの位置らしいです。

 

カメラを8倍に拡大しておもちゃを撮影しました。

こんな感じで対象物を置いて確認していただきました。

 

 

ここで注意したのは、

遠方(ターゲット)の見え方の鮮明さを優先してしまうと

近くのサイトが見づらくなる、もしくは

ボヤけるといった症状になってします。

 

逆にサイトの見やすさを優先してしまうと

ターゲットがボヤけしてしまいます。

(逆の写真がうまく撮れませんでした…。)

 

ここが一番時間がかかりますが、Y様とお話ししながら

適切な度数を処方させていただきました。

 

実際には、ご持参の眼鏡度数では視力1.2が出ていましたが、

そのままですと、手元のサイトがボヤけるとのことで

1段階弱めて処方しました。

 

お人によって調節力(見ようとする力)が異なる為、

これが正解というものはなく、お一人お一人に

合わせた処方をさせていただきます

 

 

仕上がりがこちら

レンズが光っているのは、反射防止コートが付いた

度付きレンズが入っている証拠です。

 

 

 

最後に、Y様のお父様曰く、

「近くのメガネ屋でエアピストル用のメガネに度数を

入れたいんだけどと、言ってもすべて

『よくわからないのでお断りします』と、

言われてしまった。」

 

「そこで、ブログを見ているとサバゲーであったり、

APSで合ったり記事が載っているこちらのサイトを見つけて、

ここなら対応してくれるんじゃないかと思った。」

と、いうことでした。

 

ご期待に沿える処方及び作成ができたと自負しております。

今後のY様のご活躍を陰ながら応援させていただきます。

2020012578

 

 

【 このブログを書いたスタッフ 】

スタッフ:ちょんまえ(森前)

 

・趣味/バイク、サバゲー

・マイブーム/ハンバーガー屋めぐり

 

 

----------最新情報を随時更新しています----------

フェイスブックやってます↓

https://www.facebook.com/glashutte8019/

 

インスタ映え はこちら↓

https://www.instagram.com/eyewearshop_glashutte/

 

もちろんツイッターも↓

https://twitter.com/glashutte8019

 

Copyright (C) 2015 TouwaCorporation
All Rights ReservedAll Rights Reserved.
ページトップ