名古屋栄のスポーツサングラス・メガネ専門店グラスヒュッテ
Glas Hutte

お客様相談室

サングラスのレンズカーブってなに?

最終更新日:2019年2月20日

  公開日:2017年8月12日

 

 

Q.サングラスのレンズカーブってなに?

 

A.サングラスのレンズの湾曲のことです。

 4〜8カーブが殆どで数字が大きなるほど

 レンズの曲面(カーブ)が強くなり、

 お顔を覆うようになっています。

 

 

メガネ屋的な見方をすると

レンズカーブは下記の数値を基準にして示すことができます。

 

 

それぞれの半径が
・4カーブ:130.75mm(523÷4)
・6カーブ:87.16mm(523÷6)
・8カーブ:65.38mm(523÷8)と、なります。

 

523は(1.523-1)X1000

1.523は一般的なガラスレンズの屈折率です。

 

 

実際に4〜8カーブのサングラスを比べてみると
こんな感じです▼

 

最初にお伝えしたように

カーブの数字が上がるとレンズが

お顔に近づいていくのがわかりますか?

(眉尻とレンズの距離感に注目です!)

 

続いてカーブ毎に

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

 

■4カーブ

 

4カーブはどちらかと言えばカーブが浅いため、

サングラスよりもメガネに多いカーブです。

 

お顔への距離感がやや離れている

(隙間が開いている)ため

遮光性はあまり優れていません。

 

トレンドのクラシックなデザインに採用されることが多く

アウトドアやスポーツで使う際には

サイドカバーがあるフレームを選んだほうが

横から入ってくる光による

チラツキが気になりにくいです。

 

ただ、レンズ面がフラットなので

度付きにした場合には歪みが出づらいので、

度付きサングラスを検討している方にはおすすめです。

 

■6カーブ

 

一般的なサングラスに採用されることが

多いのが6カーブです。

 

デザイン性と遮光性のバランスを取ることができ、

6カーブ以上のハイカーブレンズと比べて

度付き・度無し共に歪みを

感じにくい方がほとんどです。

 

タウンユースには最適ですが、

スポーツサングラスとしてはカーブが

浅いためフィット感が物足りない場合があります

 

 

■8カーブ

 

8カーブはレンズの湾曲が強く

スポーツサングラスとして採用

されることが多いレンズです。

タウンユース用としても一部のサングラスに

使用されることも増えてきています。

 

遮光性・フィット感共に優れていますが

デメリットは「歪み」が発生しやすいこと。

 

メガネや4カーブのレンズは

目とレンズが平行な状態で使用することが出来ます。

しかし、8カーブはレンズに角度がついているため

視線が横方向にズレてしまうため

違和感(=歪み)を感じやすくなってしまいます。

 

物との距離感がずれる他、

気持ち悪くなってしまう人も…。

 

この歪みは特に、度付きの場合に感じやすいですが

レンズに歪みの補正を入れたり、

度数を調整することで解消できる

レンズやフレームを選びましょう。

 

8カーブのサングラスを使ってみたい方は

この違和感がないかどうかしっかりと確認してくださいね!

 

 

 

いかがでしたか?

今回のアンサー担当は八木でした。

 

他にも気になることがある方は

MAILフォームよりお問い合わせくださいませ。

順番にお答えしていく予定…です!

 

 

電話フォーム 
PAGE TOP