名古屋栄のスポーツサングラス・メガネ専門店グラスヒュッテ
Glas Hutte

お客様相談室

ハズキルーペを使うと遠くが見えないんだけど、なんで?

 

Q.ハズキルーペを使うと遠くが

 よく見えないんだけど、なんで?

 

A.ハズキルーペは近くのものを拡大するルーペです。

 見たい対象物との距離がハズキルーペの

 焦点距離より離れると見えなくなることがあります。

 

 

インパクトのあるCMで話題のハズキルーペ。

読書やスマホ・書類を見るときなどに

お使いの方も多いのではないでしょうか。

 

 

最近「ハズキルーペを使うと遠くが見えない」という

お問い合わせを頂くことがありますが、

そもそもハズキルーペは、その商品名の通り

”近くのものを拡大するルーペ”です。

 

見たい対象物との距離がハズキルーペの焦点距離より

離れる場合、見えなくなる場合があります。

 

 

【ハズキルーペで見える距離の目安】

・レンズ倍率1.32倍 =焦点距離:約50?70cm

・レンズ倍率1.60倍 =焦点距離:約30?40cm

・レンズ倍率1.85倍 =焦点距離:約22?28cm

 

 

ハズキルーペを使って見える最大距離は約70cm

 

大体このくらいが70cmです。

 

 

もちろんハズキルーペを外せばいいのですが

いちいち掛け外しをするのは面倒。

 

そんな時に便利なのが「魔法の老眼鏡」

 

 

この魔法のメガネを使うと3〜5m先の離れた距離

ハズキルーペをかけたままでは見えない

ちょっと遠くのものが見えるんです!

 

 

■職場

 

・魔法の老眼鏡の場合:手元のスマホ、書類、

 PC、3m先にあるホワイトボード

 

・ハズキルーペの場合:手元のスマホ、書類

 

 

■自宅

 

・魔法の老眼鏡の場合:手元のipad、レシピ本、

コンロの上のお鍋、テーブルの上のお皿

 

・ハズキルーペの場合:手元のipad、レシピ本

 

 

魔法の老眼鏡はかけたまま、ちょっと遠くが見えるので

手元の作業に集中していて、急に声をかけられてても

いちいちメガネを外す必要なく

相手の顔を確認することができます。

 

もちろんハズキルーペと同じように書類やスマホなど

手元の小さい文字などは読みやすいまま。

 

かけ外しの手間なく、ぱっと見える距離が広がるだけで

ぐっとストレスが軽減されますよ〜。

 

 

 

近くもちょっと遠くも見たい時に便利な

魔法の老眼鏡は3種類。

 

・魔法の老眼鏡 +1.50(ハズキルーペ:1.32倍相当)

・魔法の老眼鏡 +2.00(ハズキルーペ:1.60倍相当)

・魔法の老眼鏡 +2.50(ハズキルーペ:1.85倍相当)

 

 

これら3つの種類(度数)でご用意しています。

 

ハズキルーペを使用中の方は

持参のハズキルーペの倍率を参考に

魔法の老眼鏡を試してみてください。

 

また、視力検査をしてから

乱視や瞳孔間距離(PD)を合わせて

オーダーメイドで魔法の老眼鏡を作成することも

可能です。

(納期:約1週間〜10日)

 

 

ハズキルーペか魔法の老眼鏡。

どちらが自分に合っているか、わからないという方は

ぜひスタッフまでお声かけください!

 

 

※魔法の老眼鏡もハズキルーペの

 どちらも運転にはご使用いただけません。

 ご注意くださいませ。

 

 

アンサー担当はスタッフ・八木でした。

 

ご質問・お問い合わせは

メール、LINE@でもを伺っております。

お気軽にご連絡くださいませ。

 

 

——– 最新情報を随時更新しています ———-

 

?フェイスブック↓

 https://www.facebook.com/glashutte8019/

 

?インスタ↓

 https://www.instagram.com/eyewearshop_glashutte/

 

?ツイッター↓

 https://twitter.com/glashutte8019

 

電話フォーム 
PAGE TOP