名古屋栄のスポーツサングラス・メガネ専門店グラスヒュッテ
Glas Hutte

お客様相談室

メガネって消毒していいの?

こんにちは!グラスヒュッテ のヒガシです。

 

今回はお客様からのご質問で

「メガネって消毒して良いの?」

というお言葉でした。

最近非常に増えております。

 

メガネ屋としての意見はこうです。

 

『メガネに消毒は不要、

       必要なのは水洗い

 

まず”消毒”というフレーズですが

多くの人は”殺菌・除菌”を目的とした

スプレーの散布をイメージされる方が

多いのではないでしょうか??

 

多くの除菌用スプレー等にはアルコール類の

薬品が含まれていることが多いです。

 

これをメガネやサングラスに吹きかけて

そのまま自然乾燥等をしてしまうと

ほとんどの確率で【劣化】します。

それはレンズ・フレーム関係なくです。

 

レンズに関してはレンズコートを

痛めてしまい表面がボロボロに

なってしまったり、フレーム素材に

よっては溶けてしまうこともあります。

 

こうなった場合、基本直せません

一から作り直しか諦めて頂く他ございません。。。

 

実例)アルコール消毒した手でメガネをかけ外ししていたら

いつの間にかフレームが白くなってた・・・

 

そうならない為に皆様にやって頂きたいのは

「水洗い+α」です。

 

+αして頂きたいのが【中性洗剤】です。

 

『洗い方』

メガネ等が入る容器にたっぷりの水と

ほんの数量の中性洗剤を溶かし、

そこにメガネをササっと浸けて水で洗い流すだけでOK。

洗い流したらティッシュで水分を吸い取り

メガネ拭きで整えれば完了!

中性洗剤を加えることでフレーム表面の

付着物等を洗い落とすことが可能。

 

こべり付いた油汚れや汗は指先に1滴中性洗剤を

垂らし、指先で汚れた部分をぬりぬりして

水で流してください。

 

ここで注意して欲しいのが【中性洗剤】と

いう事。

 

酸性でもアルカリ性でもありません。

この二つはレンズに悪影響ですので

絶対に使用しないでください。

 

このやり方でほとんどのメガネ・サングラスの

対応が可能です。

(もちろん例外もあります)

 

是非これからのメンテナンスに役立てて下さいませ。

 

電話フォーム 
PAGE TOP