名古屋栄のスポーツサングラス・メガネ専門店グラスヒュッテ
Glas Hutte

お客様相談室

メガネのレンズが曇るんだけど、どうにかできない?

2020年3月1日更新

Q.メガネのレンズが曇るんだけど、どうにかできない?

 

A.もどかしいレンズの曇りは

 ほんの少しの手間で解決できます!

 

冬の寒い時期になると、温かい飲み物を飲むときや

外から電車や室内などの温かい場所にに入ったとき、

スポーツ中や風邪予防でマスクをしているときなどなど

「あ〜!メガネ曇っちゃったよ〜」なんて経験ありませんか?

 

そもそも、レンズが曇るというのは

レンズ表面で“結露”が発生している状態です。

原因は「水蒸気」「気温差」

 

空気の中には水蒸気が含まれています。

空気が暖かければ暖かいほど水蒸気を多く含むことができ、

逆に寒くなるほど含むことのできる水蒸気は少なくなります。

 

暖かく湿った空気(例えば自分の息など)が

冷たいもの(メガネ)に当たり冷やされることで、

空気中に入りきらなくなった水蒸気が

小さな小さな水滴になってレンズ面に付着します。

これが、レンズが曇っている(結露した)状態です。

 

ご安心ください。

ほんの少しの手間をかけることで曇りを解決できます

 

 

さて、気になるメガネの曇り止め対策は大きく2つあります。

 

①レンズの曇り止めグッズを使う
②曇り止めコート付きのレンズにする

 

順番にメガネの曇りを防ぐ方法をご紹介していきますね。

 

 

①レンズの曇り止めグッズを使う
曇り止めはスプレー、クリーム、
ジェルタイプなどありますが

オススメはジェルタイプの曇り止め

「アンチフォッグ」です。

 

強力でわずかな量で、しっかり曇り止めします。

使い方は、カンタン!


 

まずはじめに、メガネを水できれいに洗いましょう。

 

レンズ面にジェルをつけます。(①)

ジェルは片方のレンズに対して米粒大です。(②)

指の腹でレンズ両面にまんべんなく塗ります。(③)

最後にジェルが付きすぎた部分を

ティッシュで優しく拭き取ります。(④)
※ごしごし拭くとアンチフォグが全てとれてしまい、

曇り止め効果がなくなる、又は

レンズに傷がつく場合がありますのでご注意ください。

これで完了!最大3日間効果は持続します。

●メリット

 ・手軽な価格 ¥770円(税込)

 ・持ち運びしやすい
・今使っているメガネに使える

 (一部サングラスなど非対応のレンズもあります)

●デメリット

 水濡れやメガネ拭きでレンズを拭くと効果がなくなるので

 都度、塗り直す必要がある。

 

 

② 曇り止めコート付きレンズにする。
メガネの作成の時点で、レンズ自体に
曇り止めのコーティングを施すこともできます。
親水性のコーティングで表面の水分をなじませ
水滴として表面にのこらないようにする方法です。

 

例えば、HOLT製フォグガードコートや

SEIKO製フォグレスコートなどが挙げられます。

  

 

使い方は、週に2〜3回以上「専用のメガネ拭き」で

レンズ表面にコーティングをし直すことで効果が持続します。

●メリット

 ・塗り直しの手間がない
・コーティングなのでレンズ表面がキレイ

●デメリット

 ・レンズごと変えなければならない
・専用のメガネ拭き以外のメガネ拭きが使えない

 ・対応しているレンズメーカーが限定される

 

 

いかがでしたか?

どちらの対策をとるか悩むところですが
メガネを使う場面によって決めるのがよいでしょう。

 

また、スポーツ中でレンズの曇りが気になる方は
目とメガネの間に隙間ができるように
メガネの調整をする

もしくはレンズにベンチレーション(穴をあける)することで

暖かく湿った空気を逃して曇りの軽減ができますよ。

 

ただし、目とレンズを離し過ぎる(頂間距離を開けすぎる)と

きちんとした処方度数でも見え方に影響する場合があります。

 

また、そもそも調整のできない枠もありますので
調整で改善できるか知りたい方は
ぜひご相談くださいね♪

 

今回の担当は
温泉だいすき?アンチフォグ愛用者の井上でした!

電話フォーム 
PAGE TOP