名古屋栄のスポーツサングラス・メガネ専門店グラスヒュッテ
Glas Hutte

スゴ技

オープンカー用サングラス

オープンカーといっても

コンバーチブルやカブリオレ、

ロードスターなど

いろいろありますよね。 

いつかは乗ってみたいオープンカー。

魅力は、なんといっても

その開放感でしょうか。

そうなるとフロントウィンドウを除き、

すべてのキャビンがなくなる
ロードスターやカブリオレが

いいかなぁと思っています。

  

いろいろ語っていますが、

実は先日お客様から

いろいろ教えていただきました!!

オープンカーって

ルパン三世のイメージがあって、

自由奔放で楽しく生きてるって感じがします!
最後に爆破しちゃったりしますけどね。

ここからは真面目に…。

今回、オープンカー用に作りたいと
仰られたお客様のポイントは2つでした。

①運転中の眩しさを抑えたい

②巻き込んでくる風が目に入らないようにしたい

普通の車であれば、

眩しさ、照り返しの光だけ防げば

問題ありませんが

オープンカーは違うんです。

屋根とサイドウィンドウが

ありませんので、

開放感と引き換えに
上から、横から風が

ビュンビュン入ってきます。

ドライアイの私としては

ちょっと辛いかも…。

こういった巻き込んでくる風も

防ぐ必要があります。

そこでおすすめしたいのは、

ワイリーX Tide

 

巻き込んでくる風を防ぐために、

ガスケットがついています。

これによって、

フレームと顔の隙間を

埋めることができ、

上から横から巻き込んでくる風を

防ぐことができるようになります。

【通常のサングラス】

サングラスと顔の間に隙間があります。

この隙間から風が入ってきます。

【ワイリーX/Tide】

こちらならどうでしょう?

ガスケットのお陰で

空きがちな眼とレンズの間や

ノーズパッド部分に隙間がありません。

顔に合わせてフィットする形状で、

ガスケットによって

巻き込む風をシャットアウトします!

ここからはグラスヒュッテ独自のご案内。

レンズは

割れないレンズ

おすすめさせて頂きました。
ICRX NXTレンズ

(耐衝撃性が非常に強く、

鮮明な視界なレンズ)

サイドウィンドウがないため、

跳ねた小石が直接目に飛んでくる

可能性もあります。

目を保護する

アイプロテクトグラス

としての性能もある
こちらのレンズをご案内致しました!

こちらについてのご相談は

立松までお声掛くださいませ

電話フォーム 
PAGE TOP