名古屋栄のスポーツサングラス・メガネ専門店グラスヒュッテ
Glas Hutte

スゴ技

ゴルフ用調光ブルーミラー/レーダーレンズ交換

こんにちは、グラスヒュッテの髙嶋です!

今回は、惜しまれつつ生産終了し、今もなお人気の衰えないオークリーのレーダーを度付きにしたい!というお客様からご相談いただきましたので、作成事例としてご紹介いたします!

 

オークリーのサングラスは移り変わりがあるため、フレーム自体の生産が終了してしまうと、度付き・度なし問わず交換用レンズの生産も終了してしまうことが多いです…。

しかし、グラスヒュッテでは、そんな廃盤フレームのレンズ交換も承っております!

このスゴ技ブログでもたびたび紹介してきましたが、今回のお客様も「ブログでレーダーの度付きができるって見ました!」とご来店くださいました!

 

完成したのがこちら↓

フレーム:OAKLEY RADAR(ご持参いただいたものです)
レンズ:ICRX NXT SKY CLEAR / ブルーミラーコート

お客様お度数
右 S:-1.00 C:-1.50 AX:80
左 S:-1.50 C:-1.00 AX:80

 

お客様からまずいただいたご希望は調光レンズであること。

そして、偏光レンズを現在お使いで、できれば偏光でもあると嬉しい…とのこと。

そこでまず提案させていただいたのは、ICRXの偏光調光 S392/35というグレー系のカラーです。

こちらは、反射光をしっかりとカットする偏光レンズでもあり、紫外線に当たると色が濃くなる調光レンズでもあるという、万能なレンズです。しかし、こちらのレンズは最初から可視光線透過率36%のグレーが入っており、紫外線を受けると11%というしっかり濃いグレーに変化していくというレンズなんです。

そのため、「朝早くからゴルフに出かけることもある」というお客様も、「最初からこの色だと朝早くからは使いづらいですね…」とのお答えでした…。

そこで、「調光レンズ」を優先し、クリアからグレーに変化していくSKY CLEARを選択していただきました!

向かって右側から光を当てた場合の色の変化

 

続いてのご希望は、「ミラーを付けたい」ということでした。

ICRXのレンズは、基本となるレンズカラーにお好きなミラーコートカラーもお選びいただけるようになっています!

クリアにミラーのイメージはあまりお持ちではないかもしれませんが、クリアレンズでも調光レンズでもお好きなミラーをお選びいただくことができるんです。

シルバー、ゴールド、レッド、ピンクゴールド…などなど、様々なミラーコートからお選びいただいたのは、ブルーのミラーコート。

ブルーミラーを付けると、グレー系のレンズは少し黄色味を帯びた見え方になるため、コントラストが上がり、ゴルフなら芝目やボールがくっきり見やすくなる効果が得られます。

見た目もめちゃくちゃカッコよく仕上がりました!

フレームの白、アイコンとソックの赤、ミラーの青の組み合わせがとっても素敵です☆

 

ご注文いただきましたM様、完成したサングラスでぜひゴルフを満喫してくださいね。

電話フォーム 
PAGE TOP