名古屋栄のスポーツサングラス・メガネ専門店グラスヒュッテ
Glas Hutte

スゴ技

トレイルランニング用/スタイルチェンジ/RUDY

『トレラン用で度付きのサングラスが作りたい』
『度数が強いんだけど大丈夫ですか?』

そうお声を頂いたのは当店をご利用のH様、
登山、特にトレラン用でご希望との事でした。
度数が強い、そう仰られましたので
現状の度数を伺うと
右=S:-5.00 C:-0.75 AX:90 PRIZM:0.25BO
左=S:-6.75 C:-0.50 AX:135 PRIZM:0.25BO

モデル次第ですがダイレクト加工でも正直作成が怪しい
強度数でございます。

そこで、当店がご案内するにあたって
優先するポイントを2つに絞り作成致しました。

まず完成したのがこちら⬇️

フレームモデルはイタリアのブランド、ルディプロジェクト
モデルは一度廃盤になって今年復活した
伝説のモデル『エクセプション

正面は視野が広く風の受け流し効果も高い
ハイカーブモデル。
レンズはスモークカラー、自然な見え方のグレーカラー。

サイドはストレート設計。
モダンエンドは簡単に調整可能
ノーズパッドも自分で好きな位置に
調整可能となっております。

ポイント①『環境に合わせた見え方』

今回のH様は山の中はもちろん、夜間や薄暗い時間帯も
ランニングされるという事で、
サングラスの状態のままでは見辛くなってしまいます。
そこで・・・

このエクセプションの最大の特徴とも言える
FLIP機能の出番です!

トンネルや木陰、急に暗い場所に
入った時でもしっかり見通せる様に
外側のレンズを跳ね上げる事で
クリアな視界にチェンジ出来ます。

眩しいところではしっかりと
目の周りを覆うサングラスレンズが
本体外側についていますので
使用環境に合わせた使い分けが可能となります。

ポイント②『強度数での作成』

何よりも大事なのはやはり見え方。
特に度数がなければメガネユーザーは
かけられません。

しかし、度数が強いと作成できるモデルに
制限が出てきます。
例えば当店で人気のOAKLEYのジョウブレイカーや
レーダーロック、いわゆる一眼ダイレクト加工が必要な
レンズ設計では作成ができない度数でした。

しかし、このエクセプションはそんな強度数にも
作成対応可能な設計をしております。

本体には度付きのレンズを入れる事前提の
クリアなフレームが設計されており、
度付きのレンズが入れやすいサイズと
なっております。

このパーツのおかげで外側のFLIPを外せば
そのままクリアのメガネとして使用可能になります。

全くの平坦な設計ではないので極力、カーブの
対応がされているレンズ種で作成することを
オススメしており、今回はHOYAのカーブ用レンズ
NR167素材で作成。レンズカーブは3カーブで指定。
普通の平坦な見え方とは違う為、最初は
慣らしの期間が必要です。

H様の為に作成した専用度付きサングラス、
調整も自由に出来、後から外側のレンズの
交換も可能出来るのでカスタマイズ性も
結構高い優れものです。

これから度付きのサングラスをお考えの方、
ぜひ一つの参考になればと思います。

作成頂いたH様、たっぷりと
お使いくださいませ!!

【度付き作成事例】

電話フォーム 
PAGE TOP