名古屋栄のスポーツサングラス・メガネ専門店グラスヒュッテ
Glas Hutte

スゴ技

パラグライダー用サングラス

 

今回はパラグライダー用サングラスをご紹介いたします。

パラグライダー (Paraglider) はスカイスポーツの一種です。

山の斜面からパラシュート(傘のような形状で

空気の力を受けて速度を制御するもの)で降下するスポーツです。

上空から眺める地上は絶景でしょうね!

 

 

パラグライダーにサングラスは必須です!
上空や雲の中は眩しいのです。

これは「眩しさを軽減する」という

本来の目的と”それ以外”にも効果があります。

 

サングラス選びの3つのおすすめポイント

 

【 ①目の保護 】

パラグライダーの飛行速度は時速30~40キロ程度。
フライト中は当然のことながら常に正面から風を受けます。

顔面もその風にさらされるわけですので、

裸眼だと風が眼にしみたり乾いたりとフライトが楽しめません。

そこで眼の保護のためにもサングラスが必要というわけです。

【 ②偏光レンズ 

上空は地上よりも眩しいです。
眩しさを軽減するにはレンズの濃度を濃くするか、

レンズ機能で制御するしか方法はありません。

 

オススメは偏光レンズです。
偏光レンズという機能性のレンズは特殊なフィルムが

光の乱反射を制御し、クリアな視界を確保することができます。

言葉だとわかりにくいかもしれませんが、グラスヒュッテ店頭で体験できます。

上空では何があるかわかりません。

気流によって雲の中に入ってしまうことも…。

そうすると視界は悪くなりますので、

レンズの濃度が濃いのはおすすめできません。

 

【 ③視界が広い 】
眼を保護するという考えで視界の広く確保でき、

なおかつ、お顔を覆っているサングラスがおすすめです。

上空は風が強くなることもあり、

乱気流に巻き込まれる可能性があります。

その際、自分の位置を目視したり、

パートナーがいれば、その方の位置確認をしなければなりません。

パラグライダーは瞬間的な判断が必要とされるスポーツです。
視界が広くクリアな視界を

確保することが最良のサングラスであると考えます。

 

 

これらを踏まえて

今回ご提案したのがこちら↓

OZNIS FLAT09

レンズ:TALEX トゥルービュー/シルバーミラー

 


TALEXレンズのトゥルービューは

可視光線透過率30%、偏光度99%です。

 

光を適度に入れ自然な見え方でありながら、

偏光機能で余分な光を制御します。
暗すぎる色ではないので、

とつぜん雲の中に入ってしまっても怖くありません。

 

フレームレスで視界が広く、

8カーブレンズのためお顔をしっかり覆ってくれます。

 

風の抵抗を抑えてくれます。

 


鼻あてがついているので、

鼻筋に合わせて調節が可能です。

 

お客様には
「今までのサングラスが何だっただろう。

 すごく見やすい!」と喜んでいただけました。

 

 

ありがとうございました。

 

サングラス選びは見た目も大事ですが、

大切なのは「レンズ」です。
スポーツに合ったレンズを選んでくださいませ。

 


立松

電話フォーム 
PAGE TOP