名古屋栄のスポーツサングラス・メガネ専門店グラスヒュッテ
Glas Hutte

スゴ技

ロードバイク用サングラス

通勤で使用したり、

趣味で使用したりと

スポーツ自転車が普及して

ウェアからグローブ、

ヘルメット、

スポーツサングラスまで

しっかりと揃えて走る人が増えています。

 

メガネを必要としない眼が良い方は

スポーツサングラスを

かければいいのですが、

では、メガネを必要としている

眼が悪い方は

レンズが透明のメガネでいいのか?

 

答えは・・・No!!

 

透明のレンズではなく、

眩しさを抑えて見やすくなる

度付きサングラスを掛けて

走っていただきたい。

 

そこでおすすめするレンズが

『偏光 グラディエントカラー』

です。

 

例えば、このような色↓です。

 

●ナチュラルグレー

グレーハーフ

可視光線透過率 33.4% 偏光度 65%  

 

 

●ナチュラルブラウン

グレーハーフ

可視光線透過率 27.4% 偏光度 60%

  

大前提として、

ロードバイクの場合、

トンネル内を含めて

 

パンクを避けるために

路面を見て走る。

いうことです。

 

このレンズをおすすめする理由として、

●下方が薄いカラーのため

地面に落ちている

ガラス片などを避けることができ、

パンクを避けることができる。 

 

偏光度が低いため、乱反射を抑えつつ

水たまりなどの反射が見えて、

路面の状態が見やすくなる。

 

●通常走行では

直射光の眩しさを抑えたいため

上方にグレーハーフのカラーを入れる。 

 

 

グレーカラーかブラウンカラーがいいかは

実際に店頭にお越しいただき、

屋外で体験して

ご自身で確かめてみてください。

 

情報協力していただいた

Y'sロード様のM様、Y様

ありがとうございました。

 

 

 

こちらについてのご相談は

森前までお声掛けくださいませ。

電話フォーム 
PAGE TOP