名古屋栄のスポーツサングラス・メガネ専門店グラスヒュッテ
Glas Hutte

スゴ技

世界に一つだけのメガネ

今回はオーダーメイドのメガネを作成していただいた

S様(70歳男性)のお話しです。

S様、メガネを掛けるようになられたのは53歳から。

今までいろいろなメガネを掛けてきたが、

どれもデザインがしっくりこなかったそうで…

「どうせなら気に入る形を自分で作ろう!」

と、自作されたメガネがこちら。

黒いプラスチックの板を上手にカットされ、既製品の

セルフレームに貼り付けていらっしゃいました。

S様はとっても器用な方で、

その出来栄えに私もびっくりしました。

ただ、プラスチックの板を接着してあるだけなので、

日数が経つとどうしても剥がれてしまいます…。

「いっそのことオーダーで作ってしまおう!」

と、思い立ったが吉日?

オーダーメガネが出来るメガネ屋さんを検索した

ところ、当店に辿り着かれました。

まず、S様にどうしてこのような形のメガネを作られる

きっかけをお聞きしたところ、

幼少の頃から眉の太い人に憧れていたそうで、

眉に育毛剤を付けたりされたんだとか…。

そして、メガネを掛けるようになり

「メガネで自分の眉が隠れるぐらい太い

メガネを作れば憧れの太い眉に近づける!」

このことに気付き、作成してみようと一念発起されたそうです。

ここまでの思いを聞いて、

なんとかS様のご希望にお応えしたい!

と、私も共感いたしました。

まず、S様自作のメガネの写真を元に製作メーカーの

サンオプチカル様に図面を作成いただきました

(S様に図面の掲載のご了承いただきました。)

出来上がった図面をS様に確認いただき、

修正箇所を赤字で書き込み、イメージされている

理想の形に近づけていく作業をします。

この図面を元にオーダーメガネに命を吹き込みますので

この作業が私たちにとって一番真剣勝負です。

そして2回目のデザイン図面がこちらになります。

今回は、S様にメールでこの図面を送らせていただき

OKをいただきました!

デザインと同時進行でフレームカラーを決定する

セル生地選びもしていただきました。

写真のイメージを元に近いカラーをサンオプチカル様より

サンプル生地をお借りしてS様に提案させていただきます。

今回フロントパーツのカラーが上部から下部にかけて

グラデーションになっていて、カラー選びも大変でした。

そして決定したカラーがこちら!

少しわかりにくいですがフロントがグラデーションで

テンプルが単色になっています。

ここまでの過程で約3週間お掛かりしています。

あとは約2ヶ月かけてサンオプチカル様に

作成していただきます。

そして遂に完成した

世界に一つだけのオーダーメガネがこちら!

S様が憧れる立派な眉をイメージされた

メガネが仕上がりました。

最初にお持ちいただいたS様自作のメガネがこちら

完成したオーダーメイドのメガネがこちら!

セル生地の艶が素敵です!

フロントからテンプルにかけての「つなぎ目」も

面一になるようこだわりました。

※詳しいオーダーメガネ作製に関してはこちら

https://bit.ly/38ABQDA

S様の夢のメガネの作成に携わることができ、

私もうれしい気持ちでいっぱいです。

文末になりますが、

記事作成にご協力いただき、

本当にありがとうございました。

【 このブログを書いたスタッフ 】

店長:八木

電話フォーム 
PAGE TOP