名古屋栄のスポーツサングラス・メガネ専門店グラスヒュッテ
Glas Hutte

スゴ技

強度数レーシングジャケットレンズ交換作成事例/実戦用

こんにちは!グラスヒュッテのヒガシです。

今回は実戦用で度付きのサングラスを作成致しましたのでご紹介致します。

使用したフレームはOAKLEYのレーシングジャケット、すでに廃盤商品になっているモデルです。
ハイカーブ設計により目の周りを包み込むように湾曲しており、風の受け流し効果と粉塵や異物の混入を防ぐ役割があります。

フレーム自体は非常に人気のあるモデルであったのですが今では正規品を手に入れるのは難しいモデルです。
今回はこのモデルのレンズを度付き仕様に作成しました。

作成度数
RS:-6.50 RC:-0.50 AX:160
LS:-5.75 LC:-0.75 AX:180

完成品がコチラ⇩

レーシングジャケット+ICRX NXT

使用レンズはハイカーブ専門、耐衝撃と耐薬品、経年劣化に強い次世代型の素材【NXT】を使用しています。
強度数でのレンズ作成が可能であり、オークリーのハイカーブモデルで純正作成範囲外の度数の方にも
推奨しているレンズです。

ブラック系のベースレンズカラーに表面はシルバーミラーを追加しました。
目元を相手から見えないようにする設計です。

フロント

今回の度数は少しお強い為レンズはフレームより少し前にはみ出しますが使用上特に問題がありません。
今回のような組み合わせはサバゲー用や保護グラスで作成される方も多い組み合わせです。

サイド

レーシングジャケットはテンプルが細く頭部側面を抱き込むような設計になっています。
ロードバイクなどで愛用される方も多く、前傾姿勢時でも視野を確保しやすいモデルです。

因みに今回の度数ので作成するとこんな感じのレンズ厚になります。
厚みがあることでより密閉性が増し、異物や飛沫の侵入を防げるので取っても効果的です。

見た目のカッコよさは十分にありますが一番の目的は【実戦用】という事。
丈夫で尚且つ軽くて、相手に目線を悟られないデザインにこだわり作成しました。

ご注文頂きましたN様、本格的派の使用感ぜひ堪能下さいませ。

電話フォーム 
PAGE TOP