名古屋栄のスポーツサングラス・メガネ専門店グラスヒュッテ
Glas Hutte

スゴ技

白バイ隊員用サングラス②

今回は白バイ隊員用サングラスのご紹介です。

前回はご使用中のフレームに

度付きのレンズをご提案させて頂きました。

(白バイ隊員用サングラス①はこちらから

?http://www.glashutte.jp/column/

今回は、度付きスポーツサングラスを

新たにご希望でしたので、

ご提案したのがこちらです▼

「オークリー フラック2.0」

(オークリーの商品カタログはこちらへ

http://www.glashutte.jp/oakley.html

ご提案の際にポイントとなったのは3つです。

「威圧感が出ないように」したい。

→白バイ隊員の方々は、

一般の方以上に見た目や印象を気にされます。

今回は、

ツヤのあるポリッシュドブラックと比べて、

少し目元の印象が和らぐ

マットブラックをお選びいただきました

「レンズは薄い色」にしたい。

→スポーツやファッション用サングラス

であれば、眼が見えないミラーレンズも

かっこいいですね!

しかし、今回は威圧感の軽減も考えて、

あえて相手から眼の動きが見える

「ライトグレー」という

レンズカラーになりました。

③ヘルメットは「フルフェイス」

使用している。

→ジェットヘルメットと

フルフェイスヘルメットで

なにが違うかというと、

ヘルメットを掛けたまま

「サングラスをかけられない」

ということです。

◎ジェット                                        

              

◎フルフェイス

 

特に、フルフェイスの場合はヘルメットを

着用してからサングラスを「差し込む」ため

テンプル(うで)の細いモデルでないと

サングラスがヘルメットの奥まで入らず

掛けづらくなってしまいます。

またシールドに色がついていると、

場合によっては偏光レンズを

使用できないこともありますが、

現在、使用しているのは

クリアシールドと伺いましたので

取り締まり時には欠かせない

「偏光レンズ」をおすすめしました。

    

やはりこれだけ↓

見えるものが変わるとなれば

白バイ隊員にとって

偏光レンズは欠かせません。

◎偏光レンズなし         ◎偏光レンズあり

白バイ隊員と言っても、使う人が変われば

使いやすいサングラスも変わってきます。

特に、度付スポーツサングラスであれば、

より細かく使用状況に合わせて

フレームやレンズ、ノーズパッドを

選択する必要があります。

ヘルメットなどを使用される方は

実際にお持ちいただくと

使用感をご確認頂きやすいです!

こちらについてのご相談は、

スタッフ までお声掛けくださいませ。

電話フォーム 
PAGE TOP