名古屋栄のスポーツサングラス・メガネ専門店グラスヒュッテ
Glas Hutte

スゴ技

雪合戦用サングラス

雪合戦は北海道では国際大会が開催されるほど

新たなウィンタースポーツとして注目されています。

 

主なルールは、
7人1チームでフォワードとバックスに分かれ、

雪球に当たったら退場し、

相手陣地のフラッグを抜けばゲームセットという
陣取り合戦のようなものです。

 

↓機械で作った雪球
 1セットに90個を投げ合う

↓ヘルメットを被ってプレー
 顔の保護も考えられています。

 

ヘルメットを被ってプレーするため、
眼の保護の必要は無いのですが、

雪上のため、晴天の際には地面の照り返し、
つまり反射光が眩しくなります。

 

そこで、おすすめするのは
オークリーの偏光サングラスです。

 

おすすめする理由はふたつ。

一つ目は、
偏光レンズで地面の照り返しによる眩しさをカットして、

相手が見えやすく、しかも雪球も
見やすくするためです。

 

二つ目は、ストレートテンプルのため
ヘルメットの後頭部に押し出されずに
フィットするためです。

 

以上のことからご購入いただいたのは、
オークリー ハーフジャケット2.0です。

http://www.glashutte.jp/half-jacket/

 

サングラスの横幅が狭く、
フィット感があるハーフジャケット2.0。

既製カラーモデルもありますが、なんといっても
オークリーカスタムアイウェア(OCE)が
オーダー頂ける点がおすすめです。

 

レンズは、偏光レンズである
ブラックイリジウムポラライズドがおすすめで、
フレームカラーはチームに合わせてカスタムできます。

 

また、ご来店の際にはヘルメットをお持ち頂いて
テンプルやノーズパッドなどのフィット感を
ご確認頂くと、実際のプレー時とのギャップがなく
快適にお使い頂けるかと思います。

 

 

こちらについてのご相談は、
スタッフ 森前までお声掛けくださいませ。

電話フォーム 
PAGE TOP