名古屋栄のスポーツサングラス・メガネ専門店グラスヒュッテ
Glas Hutte

スゴ技

Carterのレンズ交換作成事例

こんにちは!グラスヒュッテです!

今回はお客様よりこんなお声が・・・

『このサングラスを度付きにできる??』

と言って見せて頂いたのがアクセサリーブランドでお馴染み【Cartier】のサングラスでした。それがこちら⬇️

レンズはどうみてもハイカーブでレンズにネジで固定しているツーポイントフレーム。
レンズシェイプはとっても独特でおそらく度付きの前提ではないのがみてわかります。

お客様の要望は『そっくりで度付きにしてほしい』ということ。
度が入りますとレンズが分厚くなりますので明らかにネジ留めの箇所が問題になります。

またレンズ径が大きので目幅との相性も心配です。
ちなみに度数をお測りすると、
RS:-3.25 RC:-0.25 AX:90
LS:-2.75 LC:-0.25 AX:75
普通のフラットなメガネなら特に問題ない度数ですが今回のカーブを再現しようとするとかなり厚みがでることが予想されました。

そこで、ハイカーブ専門のレンズメーカー【ICRX】さんに今回はお願いして作成して頂きました!!!

完成したのがこちら⬇️

レンズは【耐衝撃性】【耐薬品性】【耐経年劣化】に優れたNXT素材。
ポリカーボネートよりも上位のアイプロテクト素材。

素材の丈夫さを活かして特徴的な設計にも対応できるレンズです。

今回は少し薄めのサングラス仕様。
レンズの縦幅も少し細めにしてメガネ風にアレンジ。

フロントのブリッジ箇所はネジ留めになっており、レンズの厚みがノーズパットとネジに干渉してしまう為『段落ち加工』になっています。
スポーツタイプの設計によく用いられる加工技術で当店だとOAKLEYの度付きに使われています。

ご覧の様にレンズ厚は分厚くなっております。
ですが素材がとっても丈夫なのでツーポイント特有の『レンズが割れた』という心配がほとんど起きません。

また一度かけてしまえば正面からはわからないと思います。

サイドの印象もしっかり残して作成した特別な1本です。
是非同モデルのレンズ交換をご希望とされている方がいらっしゃいましたら一度ご相談くださいませ!!

作成にあたって
・必ず店頭にご来店頂く必要有。(ご郵送のみでのやり取りは一切引き受けません)
・レンズは度数によりデザインが変わります。ご了承くださいませ。
・作成には1ヶ月かかります。
・ネジ穴箇所は度数次第でデザイン変更します。
・カーブは度数次第で変更します。

電話フォーム 
PAGE TOP