名古屋栄のスポーツサングラス・メガネ専門店グラスヒュッテ
Glas Hutte

スゴ技

VRゴーグル用コンパクトメガネ

こんにちは、グラスヒュッテの髙嶋です!

 

今回、お客様からこんなお声が…

「今のメガネだと、VRゴーグルが上手くハマらなくて…」

「今より小さめのメガネが欲しいんですけど…」

 

PCゲームの発展やeスポーツの普及などにより、メガネの上から掛けられるもの、目が悪くてもピントを調節してメガネなしで見られるものなど、たくさんの種類が発売されているVRゴーグル。

最近では、スマホ用のVRゴーグルが100円ショップなんかでも販売されていてびっくりしますよね。

調べてみると、メガネ対応のVRゴーグルでもメガネのフロント(正面)の幅が14センチ前後までの対応となっているものが多く、14~15センチほどある男性用のメガネフレームだとなかなか綺麗に入らないようです…。

 

お客様がお掛けになっていたメガネは、OAKLEYのクロスリンクのようなしっかりしたフレームでした。

「まったく入らないわけじゃなくて、頑張れば入るんだけど、もっと楽に入るものがよくて…」

とのことで、ご希望に合うフレームを提案させていただき、実際に作成させていただいたのがこちら↓

フレーム:昇治郎 SJ6005

 

一山式(いちやましき)と呼ばれる、「鼻当てのないメガネ」です。

鼻当てのないメガネの中にも何種類かありますが、こめかみで抑え、鼻当てが浮くタイプとは異なり、こちらは柔らかいグリップが付いたブリッジ(左右のレンズをつなぐパーツ)部が直接鼻の上に乗るので、安定感があり、しっかりとフィットしてくれます。

レンズサイズがコンパクトで、フロント部の幅は約13センチ。これならしっかりVRゴーグルも掛けられそうですね!

 

10%程度の薄いグレーが入るブルーライトカットのレンズにしていただいたので、長時間のVRゴーグルの使用でも目の疲れを軽減する効果が期待できます。

とっても軽くて、普段使いもできるコンパクトなメガネが素敵に仕上がりました!

ご注文いただきありがとうございました。ぜひ大切に使ってくださいませ^^

電話フォーム 
PAGE TOP